Archive for the ‘未分類’ Category

『イータテベイク』の取扱と、栽培を開始しました。

2014-04-01

『イータテベイク』の種イモあります!
『イータテベイク』の取扱と、栽培を開始しました。


『イータテベイク』ってご存知ですか?

弊社メトロポリタンインベストメント株式会社は事業開始以来、弊社のコア事業である【環境事業・防災事業】を通して、東日本大震災の被災地との連携を強めてまいりました。そして、さまざまな事業に携わる中で色々な出会いがありました。

東日本大震災による原発事故で全村避難となった飯館村は皆様もご存知かと思います。
その飯館村で村出身の方が、村興しの一環で『イータテベイク』というジャガイモを永年の品種改良の末に開発されました。
さあ、これから、飯館村の特産品として売り出そうとしていた矢先に、東日本大震災とそれによる福島第一原発の事故により避難する事になり、開発者の方が命からがらで種イモを持ち避難したという『幻のジャガイモ』です。

震災後は「ジャガイモといえば北海道」と考え、種イモを北海道に送り、栽培を委託していますが、『イータテベイク』の種イモも残りわずかとなってしまいました。
元来、インカ系のジャガイモの栽培は温暖な地に適していることから「温暖な関東でも栽培が適しているのではないか?」という事で、弊社に関東での栽培についての打診がありました。

今回、弊社の手元に入る種イモは30㌔程度です。
幾つかに分けて生産者の方にお配りしようかと考えています。

一方で、ただ、生産者の方のみへお配りするだけではなく『幻のジャガイモ』を、震災を乗り越えた『奇跡のジャガイモ』『希望のジャガイモ』として震災復興の話題提供、或いは、地域の学校施設などでの食育等ができるのではないかと考え、この度、船橋市立中野木小学校の皆様と船橋市の石神農園様に『イータテベイク』の栽培にご協力していただく事になりました。

イータテベイク誕生物語

画像イメージ(船橋市立中野木小学校 大久保校長、船橋市 石神農園 石神氏) 船橋市立中野木小学校 大久保校長(画像左)
船橋市 石神農園 石神氏(画像右)

フエ(ベトナム)における栽培実験の開始について

2014-03-31

今般、弊社は、ベトナム社会主義共和国、フエ農林大学(HUE UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND FORESTRY)のフォン教授(Le Dinh Huong, PhD.)と連携し、弊社製品「蒔いて環炭」及び開発商品についてのベトナム国内での栽培実験を実施する事となりました。

ベトナム国内では、農地において過剰な農薬投与等の弊害が指摘され、独自の管理基準(Vietnamese Goods Agricultural Practices 通称VietGAP)をもって管理していますが、残留農薬のリスクが大きな課題となっています。

フエ農林大学では、オーガニック(有機栽培)を志向する生産者や企業家グループと連帯して、極力農薬等の化学物質の使用を抑え、収穫量を減らさずに質の良い農作物の生産を研究しています。

弊社「蒔いて環炭」とその開発商品が、そのニーズに合致することから、このたび、実験栽培の対象として取り扱われる事となりました。
約3ヵ月間で「蒔いて環炭」及び開発製品の栽培比較をレタス、トマト、トウガラシ、ニンニク、ショウガ、キュウリ、ダイズ、ナスで行う予定です。

ふなばし工業展 in ららぽーと 出展のお知らせ

2013-10-09

メトロポリタンインベストメントは、このたび、船橋市地域工業団体連合会が主催する「ふなばし工業展 in ららぽーと」に出展することとなりました。

当日は、皆さんに、ご購入する機会の少ない、
私どもの「蒔いて環炭 タブレット」「蒔いて環炭 ペレット」の展示と即売会をおこないますので、是非、お越しください。

特に、「蒔いて環炭 タブレット」は家庭菜園用に開発した商品です。
手軽に簡単に使用して確かな効果をご確認ください。


■日時
平成25年11月9日(土)~10日(日)11時~17時

■会場
ららぽーとTokyoBay 東の広場

■展示及び販売品

〇家庭菜園用土壌浄化材
「蒔いて環炭 タブレット」
1錠入り(10号鉢用)100円(税込)
2錠入り(65㎝プランター用)200円(税込)

〇農園用土壌浄化材
「蒔いて環炭 ペレット」
500㌘入り(5坪程度用)1,000円(税込)

平成25年度ちば農商工連携事業活動開始について

2013-06-26

『平成25年度ちば農商工連携事業 認定』

このたび、弊社は、公益財団法人千葉県産業振興センターより首記、助成事業の認定を受け、2013年7月より2015年2月末までの期間で、千葉県船橋市を中心とした農業者及び県内分析機関と連携・協力し「活性炭を活用した土壌浄化材の新商品開発と、それを用いた新しいビジネスモデルの構築」の研究開発事業を展開してまいります。

弊社の活性炭を用いた土壌浄化材は、有機系化学物質の高い吸着性能が定量的に認められ、それによる効果として野菜生産における連作障害の軽減・農薬使用量の削減・生産量及び品質の向上に有効であることが確認できています。
また、弊社の活性炭を用いた土壌浄化材を使用して栽培した野菜は、予備試験レベルで抗酸化物質(ビタミンC等)を多く含むことが確認されました。
(土壌内環境と作物内抗酸化物質生成との間には、密接な関係があることが既に研究されており、弊社製品の活性炭の特性である【①強い吸着性能 ②吸着物を餌とする土壌内有効微生物による活性炭の周囲への微生物コロニー形成】これらの効果により土壌環境の改善、土壌内生物環境が活性化されることで野菜の養分吸収が活発になり、野菜のビタミンC等の増加が期待されると思われます。)

本事業では、活性炭製品の新開発・新改良を行うことで施用方法の容易化と抗酸化物質の増加効果の検証を行います。
本事業の研究課題としましては、活性炭製品を使用して栽培された野菜は他に比して抗酸化物質を多く含むと想定されますが、その有効性を定量的に検証するとともに、製品開発を通じて抗酸化物質の増加効果を少しでも向上させることが研究開発課題であります。
更に、それらの課題を解決することにより、中小企業者、農業者双方の売上および生産性の向上を実現することが目標です。
また、連携体の皆様と弊社の理想とする新時代の“ちば農業”を実現する第一歩として、新製品を使用して栽培された野菜のブランド化を実現し、消費者の健康増進と千葉の農業の活性化に貢献することが目標であります。

今後、本事業に関連するニュースをホームページ上でもお知らせをしてまいりますが、作目として船橋市奨励野菜である小松菜・ニンジン・枝豆、そして、千葉県内で多く生産されるトマト・きゅうり・ネギ・ほうれん草・ナスの8種について比較栽培と科学的分析及び統計的処理による評価を行い、ブランド化に結びつける予定です。

■事業名
「活性炭を活用した土壌浄化材の新商品開発と、それを用いた新しいビジネスモデルの構築」

事業に関する活動報告はこちらをご確認下さい。

■連携農業者(順不同)
平野代一(船橋市)
石神辰巳(船橋市)
鈴木章弘(印西市)

■協力機関
(株)トッケン(柏市)

第一回『蒔いて環炭®』性能実験 ~アレロパシー吸着実験~

2013-06-12

「蒔いて環炭」アレロパシー物質の吸着性能を確認

このたび、「蒔いて環炭」が連作障害の原因のひとつであるアレロパシー物質の吸着にどのように効果があるのか、簡易土壌アッセイ法という方法で実験を行いました。

農作物は連作を行うと原因不明のいや地現象といわれる連作障害が発生します。
この連作障害を回避するため、他の農作物を植えたり(輪作)、農地を休ませたりする方法が取られています。ただ、輪作の場合、肥料・農薬が作物によって異なる場合もあり、コストもかかりますし、農薬のポジティブリストの整備も煩雑になります。
このいや地現象の原因は、栽培作物の根から滲出されるアレロパシー物質にあるといわれています。
そのアレロパシー物質を土中で「蒔いて環炭」が吸着すれば、いや地現象は改善します。
今回の実験は、その実証を簡易的に行ったものです。

土壌アッセイ法の手順は
①いや地の土壌を採取し40度以下で乾燥させる。
②乾燥土壌を粉砕し径1ミリのふるいに通す。
③実験用マルチディッシュに②の土壌を3グラムずつ入れる。
④活性炭を0.3グラムずつ各土壌に添加し混合する。
⑤寒天(低温ゲル)を用意し、寒天の温度を40度以下に下げる。
⑥ゲル状の寒天を各マルチディッシュに5ml添加し土壌と混合させる。
⑦凝固後、更にゲル状寒天を5ml添加し凝固させる。
⑧凝固したマルチディッシュに検定植物とした小松菜(レタス同様アレロパシーの感受性が強いとされています)の種子を5粒ずつ置く。
⑨マルチディッシュに蓋をしてテープで密封した後、暗室条件下で3日間培養し、その様子を測定する。
(注)寒天は、肥料成分はありません。
(注)今回の実験に際して、いや地の土壌は千葉市緑区の(有)チャイルドフラワー(横田社長)様にご提供いただきました。

チャイルドフラワー様土壌 小松菜アッセイ試験チャイルドフラワー様土壌 小松菜アッセイ試験

≪まとめ≫
ACなしは、「対象となる土壌に種子」を置床したものですが、やはり、いや地現象で生育が阻害されていると思われる結果となりました。
SCSと表記があるのは、「蒔いて環炭」の活性炭です
SCWの表記は、某社のヤシガラ由来の活性炭です。
SCPの表記は、木質系で水蒸気賦活して作られた某社の活性炭です。
「蒔いて環炭」がヤシガラ活性炭及び木質系活性炭に比して、いや地の成分を吸着したことにより成長が他より進んでいるの事が、よく判ります。

蒔いて環炭® 小松菜栽培実験(2回目)

2012-11-18

前回(8月)に引き続き行った小松菜の栽培実験の第2回目の報告です。
今回の実験は、「蒔いて環炭」の効果の持続性の確認を目的に行いました。
(「蒔いて環炭」は、一回の使用でその効果が4~5年継続することが確認されています。)

前回、平野農園様にご協力いただいた、ハウスの一部エリア(約250㎡)を実証フィールドとして再度、使用しました。前回、このエリアには「蒔いて環炭」を使用しましたので、今回は、使用していません。
また、今回は、検体数を増やし「蒔いて環炭」使用エリアと使用していないエリアで収穫された小松菜、各40体をサンプルとして無作為抽出し生育状況等を比較観察しました。

今回は、採取及び測定は弊社が行いましたが、検定にあたっては、公益財団法人千葉県産業振興センター 新事業支援部 産学連携推進室のご協力をいただきました。

総括<検定結果>

Z検定 F検定
全長 *** **
根長 **
可食部 ** ***
根回り **
重量 *** *

※Z検定・・・2つの平均値の差を検定する手法
※F検定・・・2つの分散の違いを検定する手法

*(10%有意水準で有意)
**(5%有意水準で有意)
***(1%有意水準で有意)

平均値については、全項目に亘って、使用区の方が非使用区よりも大きいという結果が出ました。特に全長と重量について顕著な差が見られます。
分散、すなわちバラツキについては、全長と可食部について、非使用区の方が使用区よりも大きい、逆に言えば使用区の方が均一なものが採れるという結果が出ました。
グラフを見てもわかるとおり、特に可食部について顕著な差が見られます。
また、総合的に見ると全長と可食部について顕著な差が出るようです。
今回のサンプル数40は十分大きな数ですので、サンプル数の少なかった前回(8月)のテスト結果が、より精度の高い形で再現されたといえます。

蒔いて環炭®小松菜データー(平野農園)

Facebookページ開設いたしました。

2012-09-20

Facebookページ開設いたしました。
http://www.facebook.com/metroporitan01investment

蒔いて環炭® 小松菜栽培実験

2012-08-12

船橋市内で小松菜のハウス栽培をされている平野農園様で、「蒔いて環炭®」の成長促進効果について実証実験を行いました。
平野農園様は国が定める農商工等連係事業法認定農業者で、西船橋パウダー会の会長もされています。
平野農園様のハウスの一部エリア(約250㎡)を実証フィールドとしてご協力いただき、「蒔いて環炭®」を平米当たり40g使用しました。
7月5日に種まきが行われ、8月5日の収穫の際に、「蒔いて環炭®」使用エリアと使用していないエリアで収穫された小松菜10体をサンプルとして無作為抽出し生育状況を比較観察しました。
蒔いて環炭®小松菜栽培実験蒔いて環炭®小松菜栽培実験 比較データ

≪考察と今後の取組≫
t検定によって検定したところ、重量については有意水準10%で有意な差が出ました。
通常、検定は5%の水準で行いますので、十分な結果とはいえませんが追試に値する結果(傾向)が得られたと思います。
それよりも注目すべきは、環炭使用の方は非使用と比べて、重量・根長ともに「標準偏差=ばらつき」が少ないという点です。これは農作物において重要なポイントになると考えられます。
追試に値する結果(傾向)が確認できましたので、今後、更に実証を進めてまいります。

蒔いて環炭® 放射能測定結果報告

2012-07-31

弊社取扱い商品「蒔いて環炭®」と「蒔いて環炭®ゼオライト」の併用により放射能汚染地域の農地で育成した生産物からの放射性物質が不検出との結果を得ました。

東京シンコール(株)では、昨年、11月より福島県鮫川村にある農業法人「株式会社山燕庵(さんえんあん)」様(杉原正利社長)より放射能除染の相談を受け、試験施工を提案し行ってまいりました。

「蒔いて環炭®」を平米当たり10グラム、「蒔いて環炭®ゼオライト」を平米当たり30グラムを使用し撹拌しました。
(注 総作付け面積  2.1ヘクタール(21,000㎡)、「蒔いて環炭®」210㎏、「蒔いて環炭ゼオライト」630㎏を使用)
その上で、ニンニク及びジャガイモを栽培しておりましたが、このたび、収穫にあたって、農作物の放射性物質の核種調査(※核種とは原子核の種類のこと)を行いました。
結果、下記にありますように、ゲルマニウム測定で放射性物質は全て不検出でした。

これは、「蒔いて環炭®ゼオライト」がセシウムを直接吸着し、「蒔いて環炭®」が有機系物質と結合したセシウムを間接的に吸着したものと考えられます。
今後も、更に、研究を重ね、効果のある確実な方法をご提案してまいります。
蒔いて環炭®放射能測定結果報告蒔いて環炭®放射能測定結果報告書

山燕庵様ブログ
http://www.sanenan.com/sanenan/San_en_an_Blog/San_en_an_Blog.html

ウェブサイトをオープンしました。

2012-07-09

ウェブサイトをオープンしました。

Newer Entries »
Copyright(c) メトロポリタンインベストメント株式会社 All Rights Reserved.